おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

現場復帰

一時帰省は「酷暑」の山口でした。我が家は涼しいというか、夜から朝にかけては「やや寒い」状態で、タオルケットから薄めのかけ布団に変更。
戻った日の夕方「4年後に新築を」という話がありました。「海の男になっているかも」と言うと「海の男でもいいから、その時は考えてください」と。まあ、ありがたいお話です。海つながりで、タコツボ漁で使っていた漁船のオファーが。楽しい話がゴロゴロ。
草刈りをして、下界の暑さを避けるべく、毎日ダラダラして昨日戻りました。都内はこの夏最高気温。

本日から現場再開です。金属波板と杉板の感じが貧乏くさくてひじょーにいい感じ。施主さんも現場で手伝い、家が出来上がるプロセスを見ていただいて、手掛けるこちらとしてもありがたいと思っています。

山口の杉と気仙の杉と茨城の杉。杉は、やはり落ち着きます。金属波板はなごみます。

写真の木枠の狭い空間には透明ガラスが入ります。なんとなく美術館になってきました。




IMG_0001_2017081019071421b.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/08/10(木) 19:29:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中締め

今回の新築は、自宅の中に小さな絵を飾る「美術館」の空間がメイン。確認申請に「美術館」と書き込めば、おそらく住宅とは異なる縛りが発生するでしょうから、そこは「居間」でOK。
こちらに来て、多くの異業種の人たちとつながりができ、先日は「牛久かっぱ祭り」も楽しみました。製材屋さんを通して頼んだ気仙産の杉相じゃくり板を釘でばんばん打ちましたが、なんだか山小屋みたい。北側のFIX窓には、借景のケヤキ、ブナが揺れて、緑が美しい。
1月5日から墨付けを、6月5日から現場で大工仕事を始めました。ちょっとここで一休み。お盆は、これまた気仙産の床材をロフトに張っていきますが、名産の落花生をお土産に山口へ戻ります。

やることはいろいろあるでしょうけど、ダラダラしてしまいそうです。



IMG_0001_20170731053436895.jpg
  1. 2017/07/31(月) 05:49:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ここは何ですか?」

材木屋をはじめ、この現場にやって来る様々なひとたちが、同じ質問をします。
ここはお風呂場です。
我が家は昔のようにいったん外に出て、別棟の風呂場に行きますけど、今は「ユニットバス」がほとんどでしょうか。気密性が高く、掃除もしやすく、寒くなく・・・理由はいくつもあるでしょうけど、写真の風呂場もそんなに寒くなることは無いと考えます。
よく、「檜風呂にしないの?」といわれますが、常に湯を張った状態の宿ならまだしも、そうでないのであれば普通の浴槽で十分。壁、天井は板張りです。ユニットバスの価格から比べると、かなり安くできますし、メンテナンスも廃棄も簡単です。
寒い地方の家の中に、ブロック塀はあっても違和感ありませんけど、「ここ何ですか?」って気になるのでしょうね。

家の中のブロック塀、けっこう好きです。

それにしても、暑い・・・



IMG_0004_2017072017544057f.jpg
  1. 2017/07/20(木) 18:05:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玄関土間

一般的にはタイル類を玄関土間に使いますが、我が家も兄の家も「板」なので、今回も杉板にしました。今どきの家の外壁は、10年たったら塗り直しが必要ということですが、板の土間は20年経っても全く問題ありません。手直しも簡単です。
6月5日の午後から、基礎に墨出しして大工仕事を始めましたが、20トントレーラーに積んだ部材すべてを今日使い切りました。休みのたびに都内の友人、知人と飲みに行こうかなどと考えていましたけど、体を休めるので精一杯です。
兄の家を建てた15年前には、毎日19時過ぎまで働き、休みの日は上野とか出掛けてましたけどやはりジジイ化しているようです。
朝は7時半から仕事を始め、16時半に終了。大相撲を見ながらビールを飲んでいます。働き方改革。残業は、しません。暑いので。

今からもっと暑くなるのでしょうか。そろそろ、都内で飲み会ですかね。

仕事のペースは、よくわかりませんけど、少しずつ進んでいます。

IMG_0013.jpg
  1. 2017/07/13(木) 18:12:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足場板のすすめ

施主さんとカミさんとで、化粧野地板を採寸してスライド丸鋸で切ってもらいました。本当に助かります。おかげで、1日で120枚すべてを張ることができました。
ログビルダーだったことが影響しているのか、親方から独立して手掛けた新築は、すべて勾配天井。ロフトを設ける間取りが好きだからかもしれません。足場板は、それほど値段が高いものでもなく、荒材で厚さ36ミリ、幅240ミリ、長さ4m。これを半年以上自然乾燥させて、床材のように本実加工してもらいました。
床材はもう少し幅が狭い杉板ですが、梅雨時期もジメジメすることもなく、洗濯物も室内干しで乾くはずです。
足場板は、アトリエや加工場の床材としてもおすすめです。

屋根仕舞いまでもう少し。

IMG_0004_20170616171010d34.jpg
  1. 2017/06/16(金) 17:20:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ