FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

漁船クルーズ

車でどこかに出かけることはあまりないのですけど、漁船でドライブ?するのはけっこう楽しいものです。
台風が近づくたびに、山から下界に降りて漁港へ。この秋、何度船の向きを変えたでしょうか。あまりストレスを感じないのは、海が好きなんでしょうか。
9月下旬、徳山の大津島「回天基地」に友人たちを乗っけて、瀬戸内漁船クルーズの予定でしたが、台風接近のため中止。漁港内に錨を打って1か月。ようやく引き揚げて、ひとりで行ってみました。黒髪島、大津島は、小中学生の頃、毎週のように巡行船で釣りに行き、毎回クーラー満タン状態でした。魚もスレてなかったんでしょうか。回天基地は、人間魚雷発射基地としてその建物が残っています。10代の少年たちが戦争の犠牲になった場所ですけど、海上から見る基地跡は、かなり傷みが進んでいるようでした。

港に戻る際、ジグで何度か探りを入れると、38センチの真鯛が釣れました。

写真は、漁港から見える粭島の象徴、煉瓦製の煙突。回天基地の写真もありますが、海上から直接眺めてもらうほうがいいでしょう。船酔いされる方は要注意。けっこう波風ありました。

11月は船底洗浄・塗装、シロアリ被害の木製部分補修があります。中旬当たりに行きますかね。
ホーランエー食堂の食材は、けっこう調達できています。オヤジは毎回、カワハギ狙いです。アジとウマズラは、何度食べても飽きません。ありがたや。



2019101706340001.jpg
スポンサーサイト



  1. 2019/10/19(土) 15:33:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「村が消えた・・・」

このタイトルのドキュメンタリー番組を見たのは30年前。西中国山地(たぶん広島県)の村でした。
世界人口は増加傾向の中で、日本の人口は減少の一途をたどっています。地元の市議会でも「少子化対策をやっていきます」とか言っていますけど、「テメエが産むのか」という話。北欧のように税率を今より3倍にして、バカな政治の首切って、きちんとした医療、大学は無料というところまでやれば人口増加の可能性があるかも知れません。
韓国の政治家の方を批判していますけど、アベの取り巻きの、何も説明しないよりは、はるかに紳士的に感じます。

他国はさておき、半径数キロの問題です。家の目の前の田んぼも放棄されました。地元山口県の人口も、150万と言ってたのも今は昔。昨日のニュースで135万になってました
「日本の一次産業を守らなければ」「地方の生き残りを考えなければ」と叫んでいるのは、中央のスーツに身を包んで空調の効いた部屋で議論されていること。現場はのヒトビトはそうでもありません。いずれ、この村も無くなり、荒れ果てた土地になる。
次世代につながなければ、というのも、日々の暮らしからすればどーでもいいことなわけで、日々の暮らしを続けて、いつかそれの終わりが来るだけの話。
ということで、八代唯一の観光農園、瀬田農園で草刈り。梨ぶどうりんご。ぶどうは20種類以上あります。家族経営でたいへんです。
草刈りで、お金をもらうと拘束時間も長いので、勝手に行って、勝手に帰っています。まあ、次の現場を考えながらのフィジカルトレーニングです。

明日は海に出ます。

2019090516000000.jpg
  1. 2019/09/10(火) 19:50:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶっ壊される実家・・・

徳山市時代に建った家。徳山は、東京と同じ地名が多く、銀座はとーぜん、有楽町、青山、代々木公園・・・。そして、ここは原宿町。保育園時代は、片側一車線で歩道無し。ドブがあって、ボウフラが湧いてました。その頃は木造平屋、風呂は一旦外に出て、別棟という感じでした。今の我が家とおんなじです。
家の前の道は、区画整理され、片側二車線のクソ広い道。建築確認が昭和47年ですから、小学3,4年生。実家の周囲も、同じような建物がどんどんできました。あれから約半世紀。木の家を造る立場で実家が壊されるのを眺めても、感情も無く、不思議な感覚。解体ではなく、ただぶっ壊してるだけの作業です。
そういう自分も、親方に弟子入りして何年かは、石膏ボードや新建材を使うことにまったく疑問を持つことも無く、それこそガンガン使ってました。そういうことに疑問を持ち、極力使わないようになっただけでもまあ、良しとしますかね。
実家の造りの是非はさておき、徒歩5分圏内に幼小中高、スーパー、金融機関、病院、ホームセンターがあり、生活の利便性の良い場所。だから、すぐに売れて、解体費を払わずに済みました。

売却で得たお金をどう使おうかと楽しみにしていましたけど、兄の娘たち、そして、自分の娘たちに均等配分。

世の中、なかなか厳しい。

2019082105310000.jpg
  1. 2019/08/24(土) 17:28:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プライベートビーチ

南 沙織「17歳」の歌詞は、山口県防府市富海というところですけど、ここもなかなか良いところ。
365日のうち、お盆前の1日だけここに来て、岩場に張り付いている1枚貝とカラス貝を捕って帰ります。1枚貝は「松葉貝」刺身は最高です。あとは、網焼きで醤油をポトリ。食べごろになると、貝殻から身が離れるのも愛おしい。カラス貝は、半分網焼き、半分炊き込みご飯。ヒグラシの「カナカナカナ」という声を聞きながら酒を飲み、捕れたての貝をいただくのは、幸せなことです。

ここ(写真)は、小さな海水浴場でした。台風でトイレとシャワー室が吹き飛び、それ以来、ヒトが来なくなりました。車を停めて、ビーチまで10分以上歩かなければなりませんし、最後は急こう配の下り坂。帰りは全部登り坂です。

今日もビーチはオッサン(私)ひとりだけ。水中メガネ持参で、しばし砂浜から岩場まで泳ぎ、帰りはびしょびしょの状態で坂道を。駐車場も無人なので真っ裸でお着替え。スーパーで涼みながら釣りの餌になるエビを買い求めて戻りました。

働く意欲が湧いてきません・・・


010_20190731185310898.jpg
  1. 2019/07/31(水) 19:23:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出稼ぎから戻りました。

つくば市での改築工事が終わりました。
玄関は木製片引き戸。ガラスのゆがみが渋く、おそらく50年以上前のもの。建具に穴を掘って、鍵を取り付けるのに時間を要しました。ちょっと位置がずれると、ロックされた状態で動かなくなり、中連窓から盗人のように脱出して舞い戻ること3回。ドアの方が楽ですけど、使い勝手は引き戸に軍配が上がります。
コンクリート土間には、薪ストーブ設置予定で、近所のジジイ、ババアの溜まり場になる可能性も。ロフトは18坪ワンフロア―で、友人を講師にヨガ教室の予定。いずれにせよ、住みながら少しずつ手を加えていってほしいと思います。

オヤジは軽トラで1日1000キロ走破。翌日ヘロヘロ。しばらくは、草刈りと釣りで次への準備。次への準備が何か月かかるのかはわかりませんが・・・

053.jpg
  1. 2019/07/29(月) 17:27:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ