FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

普通の生活を守るために・・・

散歩コースの青線は、田んぼつくりを放棄してしまったので草ボーボー。現場が一段落したので草刈りをした。家の敷地は梅雨が明けてから。
なにげない風景だけど、昨年の3月11日以来、これが普通ではないことを感じる。
今日は、この7月に行われる山口県知事選挙に出る方の主張を、八代の公民館に出向いて聞いた。地元周南市出身で、兄、妻の母校OB。聞く話全てが具体的で、論理的で、一番納得したのは「国の補助金に頼る時代は終わる」。
ここに住んで20年になるけど、正直、農業従事者の「補助金はでるのか」という言葉に辟易していた。親方についた29歳の時、日給は5000円。国民年金は払えなかったけど、親方の道具を借りるのが嫌で、自分で買った。たぶん、妻はやりくりしてくれたのだと思う。他人の金で道具を買うこと自体、職人としては考えられない。
TPP問題はよくわからないけど、補助金や、公共事業など、お上から下がってくる金は頼らない方がいい。
生きた金を使うためには、テメエが汗をかかないと。
原発反対を明確に、論理的に説明できる知事は、全国でもこの人しかいないのだろう。そういう意味で、山口県は日本の先進地になれる。あの電力会社の非民主的な株主総会の画像を見れば、一目りょう然。

元官僚の知事は、いらねえ。今の二井知事をみればわかる。むつかしいことは全て「後任の方に」と言えば済むのだから。肩書き大好きなバカ山口県民も、いいかげん気づけ。


スポンサーサイト



  1. 2012/06/28(木) 19:09:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ついつい気になる

犬の散歩コースには、クヌギやナラなどドングリの成る雑木が多く、この時期になると意味も無くチェックしてしまう。ガキの頃からの嗅覚なのか、カブトやクワガタのいる「木」は、なんとなくわかるもので、なんだか不思議。
すでにカブトムシやミヤマクワガタが樹液を吸い、スズメバチもいる。昔と今とで異なるのは、蝶々のオオムラサキや山ナメクジ、カナブンがいないこと。オオムラサキはどこへ消えたのか?
それにしても、カブトムシのサイズがやたら小さい。あと何年かしたら、ヘラクレス大カブトとか、外来種が出てくるんだろうか?


  1. 2012/06/24(日) 08:44:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

運転免許証の問題

中国人の誰かが、運転免許試験場でカンニングして逮捕されてしまった。けっこう通信システムを使って、かなり高度な技を使った上での違反だったらしい。
そういう面で、カナダはさすが大陸というかおおらかというか。国際免許証を持って行き、言葉もよくわかんないので「辞書を使っていいか?」と聞くと「どうぞどうぞ」。人口1万人未満の村ということなのか、筆記はその場所で立ったままカウンターで書いた。
実技試験は友人のクソ中古車。韓国のHYUNDAIだったけど、路上運転で何度エンストしたことか。これはアイドリングが低すぎたのだけど、試験官は「友達に整備しとけって言え」でおしまい。
最初に買った車は、燃料計、ライト、サイドブレーキが破れ、運転席からはアクセルのところから地面が見えた。燃料タンクのキャップがなくて、木で作った。自分が11歳の時に作られたトヨタのトラック。
今乗っている車は、燃費もまあまあだけど、なんだかつまらない。

  1. 2012/06/22(金) 20:09:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さい家でじゅうぶん。

腰痛が治んなくて、今週も3日間寝たきり。今日からなんとか復活。やはり、健康が一番ですの。
写真の建物は、6坪(12畳)の小屋。ワンフロアーで、トイレが付く。一人暮らしであれば、風呂、台所をつけても住めるし、夫婦であればこの倍でもOK。
新築の場合、こども部屋を考えて、結局2階建てになるケースが多いけど、それも「?」
最小限のスペースを考え、その後付け足していくことを前提にすれば、もう少し楽に考えられる。

田舎でも、土地が高いのは、本当にバカバカしい。


  1. 2012/06/07(木) 19:40:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

何を作るか

敷地の一角に実った「ワイルドストロベリー」。娘が帰宅した時につまみ食いしたり、オヤジもたまに食っている。プルーン、ビワなど数種類植えているけど、中山間地なので遅霜で花がやられて、なかなか口に出来ない。
ガキの頃、実家の近くには、ビワ、いちじく、柿、グミなどがたわわに実り、食い放題だった。全てよその家のモノだったけど。
親方の田んぼを借りて、何年かコメを作った。正確には、勝手に成長した稲穂を食っただけど。これからの日本は、テメエの食糧は自力で確保して、国の言うことは無視した方が賢明かもしれない。すでにそういう状態ではあるけど。
八代の百姓がパンを食いながら「コメが売れない」と言っている現実。コメを粉にしてパンを作る時代。でも、田んぼは作るべきだと思う。今は身動きできないけど、そのうちそういうふうになるのかも。田んぼ余ってるし。


  1. 2012/06/01(金) 20:14:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0