FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

ここは・・・

新たな釣り場ではありません。でも、竿持ってくりゃ良かった。
手前は、今も不通の山陰本線。つーことで、日本海です。曇天の空、冷たい小雨。やはり演歌は日本海。友人が言ってましたが、瀬戸内の方が、日本海より海水の味が濃いとか。
それはそうと、緊急の災害復旧。7月28日の豪雨ではなんともなかった法面が崩れ、急斜面での伐採作業。
最近涼しくなってきましたけど、汗ダラダラ。
脱水症状なのか、帰りの車中で両手の指がつり、背中の一部も何度かつって、休み休み帰りました。

あと1か月。山陰の方々のために働きます。けっこー危険。

006_20130930180214e6f.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/09/30(月) 18:12:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アケビよりも・・・

庭というか、敷地というか、秋の味覚のひとつアケビが成り始めました。バクバク食べる食材ではありませんが、甘さを楽しみ、皮は肉詰めか天ぷらで食します。個人的にはアケビよりも「ムベ」の方が好きです。ここには生息していませんが。
アケビは、食べるだけではなく、その蔓が高価。かごを編んだりするのですけど、特に都会ではかなりの値段が付いています。自分で売ることはしません。売るのであれば、もっと違うものがゴロゴロしています。

これを最初に口にした人は偉い。ナマコにはかないませんが。

002_20130928184614b42.jpg
  1. 2013/09/28(土) 18:57:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストローベイル

北中米で「ストローベイルハウス」という家があります。ストローは、藁。ベイルは梱包したもの。写真は円柱状ですけど、直方体のものを積み重ね、泥を塗って屋根を掛けて・・・。文章では伝わりませんが、曲線の多い、非常にユニークな家が出来ます。当然、日本の建築基準法には適合しません。
我が家の敷地横で、このベイルを作っているのは、80を越えたジジイ。牛の餌にします。北海道、北米のベイルに比べると、ほんとに小さいのですが、これを見るだけでも心が和みます。
正式には、藁ではなく、雑草を丸めたものです。
機会があれば、これを使って家を建てたいかと。

夢ではなく、目標です。

003_20130927192640bd7.jpg
  1. 2013/09/27(金) 19:34:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カナダからの手紙

長女から、荷物が届きました。
カナダに渡って1年半。オヤジと違って英語の能力がかなり伸びています。今から、さらにステップアップしてください。
マッチとメモ帳が入ってました。センスいいです。百円ライターもありがたいですけど、マッチというのは、硫黄とリンの匂いがして、懐かしい香りです。かまど普及協会および、マッチ推進委員会も作らねば。
手紙には、自分が何をやりたいのか目標が見つからない、と書いてありました。
オヤジがあなたの歳には、毎日下北沢のパチンコ屋に12時間滞在していました。オジサンは4年浪人して東京芸大。でも今は荒野の素浪人じゃ。
トウも、大工だけではない動きを考えているので、お前もあせるこったーない。

なんだか手紙になってきたのでやめます。いつも通り酔いながら書いてますんで。


017.jpg
  1. 2013/09/19(木) 19:25:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中秋の名月は明日ですが・・・

夜明けが遅くなり、日暮れが早くなるのを感じる毎日。今年は、秋の気配を早く感じています。春と秋が短くなっているような気もします。近い将来、日本は亜熱帯地域になるのかも。この夏、山口市は38.4度を記録しました。そうすっと、33度が涼しく感じるわけで、人間どもも環境に対応して進化しているのかも。麻痺ですかね。
この時期、外風呂の窓からは、月を拝むことが出来ます。コオロギ、フクロウが鳴き始めるのもこの季節。

001_201309182137587e6.jpg
  1. 2013/09/18(水) 21:55:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いい建具が入りました

ガラスのおまわりさんの手元として汗を流しました。木製建具がサッシに変わるたび、我が家にはお宝が只で手に入ります。
これは室内の和室で使われていた引き戸ですが、なかなか手の込んだモノ。3枚いただきました。これ以外にも中連窓を数セット。アベノクソミクス、消費税アップで、新築もガンガン増えていますけど、こういう建具をはじめ多くの不要なものが手に入り、只同然で家も建つもんだと確信できますね。
断熱効果など数値やデータだけで議論するのは、都市部の図面屋にお任せです。それよりも、違う視点での家、暮らしを考える方が無理が無く楽しい。
手に入るものだけに、選択の余地はあまりありませんが、それをどう使い、住み手に伝えるのか、そこに尽きますね。
来年の新築は、当然すべて木製建具です。新築といっても部材は解体材が半分くらい。
シンプルな家を目指します。

007_20130914174447a7b.jpg
  1. 2013/09/14(土) 18:06:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の夜長と安倍晋三

夕焼けの後の空がきれいな季節。5月と9月に拝めます。最近は20時前にはあの世に行っています。早寝早起きがいいというのは、まんざら嘘ではないようで、快食快眠快便。高校生の時のような感じ。
今朝は、恩人のレーモンドじじいから電話があって「お前の知り合いの女性から、メールでやりとりしたいんだけどって、電話があった。お前の知り合いだよね」という会話から始まり、じじいは乗り気満々、オヤジは「やめとけ」の連呼。久々の英語の夢でした。
そんな楽しい夢の中、なんだか素直に喜べないのが東京五輪です。
自分が災害復旧に関わったのが影響しているのかもしれませんが、海外メディアの「福島の事故に対して、安全という科学的根拠は何か?」の問いに対する、安倍さんの答えですが、福島の漁師をはじめ、東北の方々はどう感じたのでしょうか。
オヤジが1歳の時に東京五輪があって、2020年に開催されることは、それはそれで素晴らしいのですが、素直に喜べません。
ひとつの考えとして、安倍さんが今後7年で原発事故に対し、答えを出さなければ、世界からぼろカス言われることは確実で、その時は政権も変わるでしょう。
もう、民主党はご勘弁ですが。
004_20130909190749072.jpg
  1. 2013/09/09(月) 19:34:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狩猟民族と移住の

コメや野菜を作るより、釣りや獣を捌く方に喜びを感じます。ログビルダーの大雑把な性格も、狩猟民族に相通じるものがあるような気がします。
長女の英語力は、やはり若さと明確な目的で、かなり上達しています。オヤジの目的は、あくまでも労働でしたので、最初の1年間の英語力はゼロに近い状態でした。
長女がカナダで生まれ、ためしに永住権を申請したことがあります。カナダという国が、どういう人材を必要としているのか、職業のポイントがあるんですが、その年は、心理学の先生が10点満点、そしてログビルダー0点。まあ、納得。
英米科というところに在学する次女も、海外に興味があるようで、結構なことです。私は今ならカナディアンになれるのですが、次女は、私と妻がカナディアンにならなければ、いくら姉妹だとしてもなれないとか。
今、オヤジがカナダ人になったとして、大工の仕事はあります。欧州スタイルの建物に、日本の墨付け、刻みは役立ちます。メシは、やはり日本の方がうまい。寒いの嫌いだし。
カナダよりも、周防大島に住みたいというのが本音ですが。
写真は25年前のオヤジ。玄関ポーチの部材を刻んでいます。

自分の人生を変えてくれた小さな街。来年あたり行ってみたいもんです。


img029.jpg
  1. 2013/09/07(土) 07:59:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近所のジジイから伝授

「今年はハミ(マムシ)を見んのう」と、ジジイと話したのが昨日。
今日の夕方、犬の散歩の帰りにハミと遭遇。火ばさみでは捕獲できず、あの世に送ってしまいました。残念。
家に戻って、ジジイが持っていた道具を2分で自作。何事も善は急げ、です。ハミを捕るのが善かどうかは別として。
広島の三次近郊で、ハミの養殖?をしているのを見つけました。
休耕田利用でドジョウの養殖を、益田でやっているのを見つけたのですが、ハミの方が高値で売れるらしいのです。
とりあえず、次回は生け捕りにし、焼酎漬けですね。
ネットで調べたら、毒性はハブより強く、体が小さいので毒の量も少なくそれであの世に行く件数が少ないとか。
楽しみがまた増えました。



007_201309051817263c5.jpg
  1. 2013/09/05(木) 18:27:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

一週間ぶりの陽射しです

災害復旧作業もあと1日。あくまでも私の作業で、元通りになるのは10年くらいかかるはずです。
今回の経験は、大工職人として、自分が目指すところが間違っていないことを確信しました。
木、竹、土、紙、石・・・これらはそのままにしておいても、ゴミかもしれませんが、いずれ自然界に戻ります。それ以外は自然界に戻ることはありません。
この家を巣立った娘たちが「今日、春の匂いがした」。「手を洗っていたら、秋を感じた」と毎年のように話していました。
自分の目指す家、暮らしもそこにあります。
地域、国を問わず、出番があればいつでも行きたいものです。

写真は、カラスに食われてなかなか口にできないプルーン。

008_2013090418555392e.jpg
  1. 2013/09/04(水) 19:07:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1