FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

脱帽

岩国の解体現場から持ち帰った牛乳箱。
右側のシモラク牛乳は県内でなじみ深い名前。左側の「通津牛乳」は現場の地元。まだあるのだろうか。
この牛乳箱に感動の代物が・・・
ふたの開閉に使われているのが蝶番ではなく、薄い金属板を本体と上蓋の両サイドに釘で打ち付けている。ほとんどというか、まあ、普通は興味無いでしょうけど、いやいやこれがなかなかよろしい。
左側の箱には上蓋が無かったので、金属外壁の切れ端で金具を作り、杉板の端材で作ってみました。

箱正面に10円玉くらいの穴開けたら、巣箱にもなります。
素晴らしい。


011_20140927083622ae0.jpg
スポンサーサイト



  1. 2014/09/27(土) 08:44:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理想の家造り

新築工事が間もなく始まります。写真は床材として使う杉。半年後くらいに加工します。
自分の目指す家造りは、すべての部材がカタログに載っていないモノですが、これをクリアするのはなかなかむつかしい。薪ストーブを置くので、茅葺き屋根とはいきませんし、便器もメーカーのものです。まあ、薪ストーブも。
カナダ時代、友人が住んでた家(借家)は、水も電気もガスもなく、ポリタンクに水を汲み、ランタンで灯りをとり、携帯ガスコンロで料理。トイレは外でバケツにキャッチ。溜まれば穴に埋めてました。こういう環境で、借り手がいること自体驚きでしたが、「全く不自由していない」と。薪ストーブがあって、非常に快適と言ってました。
今の、市街地に建つ家が「当たり前」と思われる方からはとにかく「時間かかり過ぎ」と思われるでしょうけど、こっちから見れば「そっちが異常」というだけの話。「おしゃれ」とか「あそび心」とか「高気密高断熱」とか「ペアガラス」とか「システムキッチン」とか「24時間クソ換気」とか「採光面積」とか・・・

流行の理論、数値は無視し、大工や職人の理論、寸法、工法重視の家造りを目指します。めんどくせえこと山盛りですが。


001_20140918173653316.jpg
  1. 2014/09/18(木) 17:57:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やはり、アナログがよろしいかと・・・

仕事ではなく、自宅の外風呂の作業。
南に山を背負う地形なので、冬の太陽熱温水器稼働率はゼロになります。何度か水抜きを忘れ、パネル内の水が凍って膨張し、穴が開いて春に開栓したら屋根から洪水のように流れてきたこともあります。
今回は、蛇口をひねっていないのに井戸のポンプが作動していたのが気になって、屋根を見るとなんだか水の跡が。
ビスを緩めてガラスをはずし、給水口のジョイント部分をチェック。案の定、金具が緩んでいました。金具もホームセンターに売っているようなものではないのですが、なんとか手持ちの部品で対応することが出来ました。
仕組みは非常に単純なものなので、時間はかかりますがなんとかできます。ただ、ステンレスのあちこちが刃物のように薄く、素手で作業するので今回も流血戦になりましたが。

家も道具も、単純なものがいいです。
003_201409171814096b5.jpg
  1. 2014/09/17(水) 18:30:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五右衛門風呂

ゴミではありません。新築で使う浴槽です。
排水パイプが錆で朽ちてしまい、新しいパイプを溶接できれば使えます。鉄工所が何と言うか。この風呂釜は、丸ではなく楕円形なのが特徴です。
直焚きの風呂の場合、長方形のホーロー浴槽には耐火煉瓦がキットになった「築炉」があるのですが(我が家もこれです)、五右衛門風呂にはそういう商品はなく、左官職人が手掛けます。
私がお世話になっている左官屋さんは「やったことがない」と。まあ、私と同世代なので納得。親方が「左官の腕が悪いといつまでたっても湯が沸かん」と言ってました。
風呂釜の周囲に「煙道」を作るのですが、この出来具合が肝心。以前住んでいた借家の五右衛門風呂は、非常に出来が良く、煙突も掃除不要で煙道もすっきりしていました。それに比べ自宅の煙道は何回も掃除しています。
ユニットバスという、素材としては最悪なものを使いたくないので、なんとかこの鉄釜を使いたいものです。

左官さんが出来ない場合は、私がやるんでしょうね。責任重いけど楽しみ。
004_201409061710041fa.jpg
  1. 2014/09/06(土) 17:24:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「人力舎」

民家の解体を専門とするならば、会社の名前をこうしようかと。社員いないんですけどね。
今から新築が始まるというのに、解体の仕事の依頼。
築100年以上の倉庫というか、昔は造り酒屋だったとか。手押しポンプとか背負子とか、木箱とか、いつものように仕事に関係ないブツに反応してしまいます。
これまたいつものように「予算が無くて」と施主さん。オヤジもそういう星のもとに生まれてきたのだと。生まれて今まで景気の良かったことは一度も無いわけで、それが自分のスタンダードだと思っています。
友人のお弟子さんを、Jリーガーのように「期限付きレンタル移籍」できないものか。

たぶんやるんだろうけど、まあ、もう少し先。
007_20140901180307071.jpg
  1. 2014/09/01(月) 18:18:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[








007_20140901180307071.jpg
  1. 2014/09/01(月) 18:04:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0