FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

いいんでねえの

闇夜にホタルが飛び交い、家の窓にもやって来ます。
明日からはこの現場の出入りが出来なくなるので、初めて照明を確認しました。
写真よりも実際はもう少し暗いと思うのですが、我が家と同じ電球で、とお願いされたので、こんな感じになりました。

この家に、多くの人たちが集い、不便さをはじめ、いろいろな事を感じてくれたらいいなと思います。設備は最小限度ですが、木の香り、素足の感触、風の心地良さ、荒壁の表情。扇風機も必要ありません。

木製建具、それを手掛けた職人さんたちに感謝です。


010_201505282035439ef.jpg
スポンサーサイト



  1. 2015/05/28(木) 20:45:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

将来の夢

明日で現場が終わり、明後日は引っ越し。経常利益がどうだこうだはすべて無視。それでも毎日玄米は食えるので大丈夫です。
自分の家造りの考えは、今の家造りと真反対で、それを受け入れる気はゼロです。だから、新築はもう無いかもしれませんけど、それでもOK。石油製品使うなら、やらない方が自然環境に良いわけです。これはあくまでも自分の生き方の問題です。

幼いころの将来の夢は「木こり」でした。それでカナダに渡ったんですけど、形が変わってログビルダーに。でも、今は木こりのようなこともしています。兄の夢は、無人島に住む、バキュームカーの運転手でした。

カナダで4年目に入った長女は、やりたいこと、目標、夢が見つからないとか。そんなことは当たりまえだのクラッカー。「毎日楽しいか?うん、楽しい」それでいいのです。
おとーさんは、今日「タコ壺漁師になろう」といいかげんな約束をしました。

タコ、薪時々大工。八代に喫茶店、今で言う「カフェ」。カフェという言葉は大嫌いです。市の広報もカタカナ使うなボケっ。高齢者社会を全く感じていません。喫茶店は、トーゼン私が建てます。そして、若い娘はいないので、40~90代のウェイトレスを選抜し、地元に雇用の場を。そして、パン工房、ギャラリーも。
「地方創生」。税金で食ってるヤツラにできるわけがない。「前例がない」アホかお前は。前例がないからやるんじゃ。

たんぽぽの綿毛を見て、幸せを感じるジジイになりました。

仕事は、作ればいくらでもあります。その技術は必要ですけど。

貧乏で健康。これは不変です。

007_20150527184653c55.jpg
  1. 2015/05/27(水) 19:13:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三和土


三和土と書いて「たたき」
土と石灰とにがり、の3種を使うことから、あて字としてこの漢字になったという説もあります。セメントの無い時代は、職人が試行錯誤を繰り返しながらやったのでしょう。そういう意味では、自分の大工技術など鼻くそのようなものです。
それはそれとして、赤土と、石灰ではなく、薪ストーブから出た灰を混ぜてやってみました。
大工仕事でもなく、正解もないので、汗だくだくの肉体労働なので気分は楽です。施主さんも「土だからどうでもいいですよねえ」。こういう考えは非常に大切です。少数派でしょうけど。
祖母の家は、大工の祖父が建て、台所は土間で、夏でもひんやりしていました。そういう間になって欲しいですね。

それにしても、重労働。





010_20150525182942d2e.jpg
  1. 2015/05/25(月) 18:39:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


002_201505221803557e3.jpg
来週末の引っ越しに向けて、ようやく終わりが近づいてきました。
昨年の夏に製材してもらい、この春に加工してもらった床材(杉)はこんな感じです。カーテンも不要、玄関の鍵もどうですかねえ、と言う施主さん。さすがに玄関の鍵は付けましたけど、床に植物性油の塗布も不要だとか。昨日は、浴槽周りを、自分たちで仕上げてもらいました。海辺で拾った貝殻や、角の取れたガラスを埋め込んでました。こういうことをやってもらうことによって、自分たちでこの家の手入れをできる、と思ってもらいたいのです。
大工工事に限れば、石油製品は無く、カタログで選ぶ部材もありませんでした。自分としてはふつうの家ですけど、今や、そうでもないらしいみたいです。
「住んで健康になる家」などと、何を根拠に言っているのかわからないCMもあり、「まぼろしの漆喰」とか。その下地はなんなの?という家ばかりです。

この現場が終わるのは今月末です。しばらくはふぬけ状態ですかね。

達成感は、意外と無いものです。
  1. 2015/05/22(金) 18:04:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

激闘再び・・・

約20年ぶりに夫婦ふたりの生活になり、送迎(田舎なので)の必要も無くなって3年目。
たまーにカミさんから催促されてやるのが「サッカーゲーム」です。
12年前、オヤジが過ごし、長女が産声をあげたカナダの田舎街に家族全員で行きました。オヤジとしては、カナダの広い空間や街並みを感じて欲しかったのですが、一番反応したのが、友人宅にあったサッカーゲームとトランポリン。
サッカーゲームを買ってしまいました。単純にして面白く、ばかばかしい。先日も次女とその友達にピザを焼いて食わせ、サッカーゲームをやらせると大喜びです。
よくよく考えると、大工であれば、こんなものは簡単に作れるわけで、買わなきゃよかった。自分の現役の時のポジションはトップだったので、FWは黒檀、タガヤサン(鉄刀木)、ケヤキ。中盤はナラ、クヌギ、カシ。ディフェンスはヒノキ、松、杉の3バック。
「樹木を学べるサッカーゲーム」として売り出すか。

ゴールキーパーは、樟脳(ショウノウ)の匂いで虫がつかない「クス」でしょうか。


006_20150521185532447.jpg
  1. 2015/05/21(木) 19:27:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引き戸考

新築現場最後の建具が、土間部分の「吊り戸」。地元徳山高校ピンク校舎教室の引き違い戸を再利用。ガラスは透明なものに入れ替えました。
法隆寺の宮大工 故・西岡常一さんは「日本建築に窓という概念は無い」と言ってましたけど、窓はウィンドウ。語源は風の「Wind」と聞いたことがあります。
今回の新築で、ドアはひとつもありません。引き戸こそ素晴らしい日本の家の文化ではないでしょうか。モノを置いてもジャマにならない、耐久性に優れ、メンテナンスも容易。

今どきの家に、引き戸、片引き戸、中連窓が少ないのは、気密性や防犯上の問題かと思われます。それだけこの国が、そうなってしまった証拠なのかもしれません。

親友の田邑ガラス店の手元として、玄関ドア取り付けに何度か行きました。高さ2m30㎝。商品名は知りませんが、私たちは「アンドレ」と呼んでいました。「人間山脈 アンドレ ザ ジャイアント」。重たい商品でした。あんな枠材でだいじょうぶでしょうか?メンテナンスの時は呼ばないでね。

引き戸に勝る建具なし。自分はそう思うも、建具職人がいない。

この国は、やはりおかしくなっていっているのでしょうか。


006_2015051618455409a.jpg
  1. 2015/05/16(土) 19:14:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

011_20150511173840c30.jpg
床材の杉を製材してもらい、乾燥を始めたのが昨年の夏。
10月から墨付けを始め、上棟が12月下旬。そして、ようやくゴールが見えてきました。最後はやはり、風呂の仕上げ。

今までの新築と異なり、ペアガラスのサッシは、すべて木製建具、システムキッチンは解体現場から持ち帰ったもの、ユニットバスは直焚きの五右衛門風呂、断熱材は石油製品ではなくもみがら、壁下地の竹小舞を木小舞に。そして、外部は、予算があれば漆喰塗りにしたかったのですが、削っていない方を表面にした板張りに。杉板を使用。屋(矢)切りはヒノキにしました。
得たものは「忍耐力」。違うかっ。よくわかりませんが、田舎でないと建てられねえよな、ということですかね。あとは、素材でしょうか。リユースではなく、本当に自然界に戻るリサイクル。「エコ」「こだわり」という言葉は、正直嫌いです。そんなものではない家づくり。

また、このような注文があったら・・・たぶんやりますね。100%満足というのはありません。一生勉強です。木製建具、また集めなきゃ。
  1. 2015/05/11(月) 18:21:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完成見学会はとーぜんやりません。


GWは、まあまあ天候に恵まれ、現場も静かでした。限界集落なんですけど、やはり休日は音が違います。
窓枠は、古い建具の枠材をそのまま使いました。解体材で建てたゲストハウスでも使いましたけど、仕事で、しかも新築でやるのは初めてです。親方が見たらなんて言うでしょうか。
「独立したら、すべて自分で決断しなさい」と言われました。全てのことを自分で覚悟して取り組むということです。責任もすべて自分に降りかかってきます。だからこそ、やりがいがあるわけで、坪単価とか断熱効果とか、割引とか一切関係ありません。
ハウスメーカーや地場の工務店がやっている「完成見学会」はやりません。完成見学会は、施主さんの許しを得てやるんですが、来るやつらは、拝見するではなくて、見てやるという意識。
エンドユーザーの恐ろしさは、ほかの会場で見てきましたので、何もやりません。

やるのは、我が家での飲み会です。




012_20150508181819de5.jpg
  1. 2015/05/08(金) 18:39:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0