FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

加湿器

木の家に住んでいると、ありがたいことばかりです。
梅雨時期は、洗濯物を家の中に干してもすぐ乾きますし、冬はロフトの手すりに掛けます。保湿剤の代わりです。
薪ストーブを焚くと、さらに乾燥するので、ヤカンの湯気とテーブルにはペーパーフィルターを瓶に浸します。我が家は、蛇口をひねってもお湯は出ませんが、電気は利用しますし、ガスも使います。
理想としては、山水をろ過して使い、自給自足は無理だとしても、電気も自家発電できればいいのかも。木工機械や電動工具もそうですが、シンプルなものほど修理は簡単です。岡山県真庭の製材所は、電力ではなく水車を使って帯ノコを動かしています。
ペーパーフィルターに関連しますが、珈琲を入れたあと、挽いた豆を乾燥させて火をつけると蚊取り線香になります。

アベノミクスが目指す幸せの対極の幸せです。

003_201511261829116f2.jpg
スポンサーサイト



  1. 2015/11/26(木) 18:48:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1年の締めくくりは「解体」

昔は酒蔵だったのか、柱が5mの建物。藁やムシロや桧皮や機織り機(これで、はたおりと読むんだ)なんかがある。
写真は下から屋根下地をパチリ。20年前は杉皮、土、瓦だったのですが、瓦が落ちてきて、コンパネ、カラーベスト(屋根材)にやりかえたとか。実は、この合板、カラーベストは最悪の組み合わせで、今もなお、大手ハウスメーカーで採用されています。何が最悪か。
処分費用がめちゃくちゃ高い。施工するときに安い新建材は、処分するときにバカ高いということです。家を建てるとき、廃棄のことまで説明するメーカーはあるのでしょうか。そういう嘘つきの造り手にはなりたくないと思います。そでれ食えなくなるのであれば、それはそれでOK。
それはそうと、酒蔵の横には、築400年の母屋が・・・。瓦は新しいのですが、土台周りはシロアリの餌食になったようで「いずれ解いてね」と言われました。

本気で解体屋「人力舎」を始めっかな。
解体作業には、粭島の現場でお世話になった職人さんたちが協力してくれます。


006_20151123190358912.jpg
  1. 2015/11/23(月) 19:25:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自爆

1年の半分は休業状態というのも珍しくなかったのに、今年は1年間フルに働いています。もう少し休み増やさんといけません。
友人・知人からシイタケをもらい、完全に放置していた自分のシイタケを確認すると、直径15センチにも開いた状態でした。カナダのマツタケがこんな感じです。
順調に平均年齢まで生きるとして、年金受給の可能性ゼロを想定して日々の生活を想像しています。今回のシイタケは、ナラの伐採時期も無視して試験的にやりましたので、秋から冬に伐採のほだ木は、もっと成果が上がるはずです。

生きる術は、実はそのへんに転がっています。まだ、拾ってないものがたくさん。

そこには造る(作る)楽しさ、喜びがあるから続けられる。お金だけの経済とは異なる経済でしょうか。経済とは言わないのかもしれませんけど。

002_201511191651337f1.jpg
  1. 2015/11/19(木) 17:05:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虹色の光

カナダいちのブサイク男、リチャード・コミネが住んでいた、築100年以上前のログハウスで見たのが「サン・キャッチャー」。
リチャードは、若いのにチビで差し歯でハゲで・・・当時の日本で「ログハウスの神様」と呼ばれていた普通のオッサンの会社で働き、その後、私と一緒に働きました。大工になるきっかけとなった、アメリカモンタナ州の研修に誘ってくれたのも、このハゲです。
岐阜の白川村に仕事に来たとき、連絡を貰ったきりですが、当時付き合っていたリサと結婚し、今はノバ・スコシア州で大工をしているはず。日本の道具に興味津々でした。

間接照明が当たり前の北米で、この虹色は、なんとなく幸せな気分になります。
カナダにとうか、住んでいたサーモン・アームに行くと、小さなお店で買い求めます。今では、どこにでもある商品なんでしょうけど、自分が住んでいた村で買うということが大切。スーパーではなく、自分で釣った魚を捌くのと同じでしょうか。

ハゲの故郷は、レッド・ロブスターが名産ですが、瀬戸内のハゲ(カワハギ)の方が美味しいと思います。なんで白人のハゲはかっこいいんだろう?



006_201511041739020fe.jpg
  1. 2015/11/04(水) 18:18:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0