FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

ご開帳

周防大島町に3日ほど行きまして、道の駅で笠原養蜂場さんのハチミツを買い求めました。酸味というかさわやかな味。とてもおいしいのです。日ごろ、オヤジはハチミツを口にすることはありませんけど、素朴な味は素晴らしいですね。
5年前、兄の住む茨城からウィスキーでしょうか、樽を2つ持ち帰ったのですが、そこにミツバチが出入りし始めました。
一昨年は、樽の中に住み始めたかと思いきや、姿が消えてしまいました。そして昨年は、元気にブンブン。仕事から戻ると、キイロスズメバチの攻撃にあっていまして、ハエたたきで迎撃しました。
中がどうなっているのかを確かめたくて、丸ノコで樽の上部を切断。1回刺されましたけど、見事な巣を構築していることを確認できました。
「巣蜜」と言うそうで、けっこうな値段で売れています。これを売るかといえば、それはありません。プロではありませんし。
シイタケ、ハチミツ、薪・・・他にやりたいことが多すぎて、何もできないのかもしれません。自然界の「巣」の芸術性、センスの良さに驚くばかりです。
「ひとさじのはちみつ」という本を買いました。これまた驚き。


007_20160125181903848.jpg
スポンサーサイト



  1. 2016/01/25(月) 18:38:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仕事では不採用ですが・・・

自宅の外風呂の雨樋です。
写真では確認できませんが、屋根を支える「垂木」は角材ではなく丸太の小径木を使っています。竹で雨樋を作った事もありますけど、普通の雨樋にしました。
角材を使用し、軒先が朽ちてきたら、横に添え物をして対応できます。丸太でもできるのですが、多い時には50センチの積雪。ということで、下から突っ張りました。古材の支柱とヒノキの枝。自宅なので何でもありです。風があたりにくい場所なのでこんなもんかと。足元は周防大島の海岸で拾った、角のとれたレンガ。魚が釣れなくても恵はありますね。

理想は、雨樋の無い家。やり方次第で出来ますけど、仕事しては一生ないかも。


001_20160122172937b9e.jpg
  1. 2016/01/22(金) 17:43:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3日坊主も大切

1か月ぶりの山仕事。雨、小雪が混じる中での作業ですけど、法面(斜面)でチェーンソー振り回すと汗だくだく。上半身、下半身とも筋肉痛。現場は疲労回復を待ってくれないので、筋肉痛のままふたたび山へ。ワイヤーを掛けて引っ張って木を倒し、枝を払って棚づくり。足場の悪い現場は、おばさんの減量にもってこい。ただし、現場まで登れないと思います。
作業も3日目になると、筋肉痛も心地良く感じる程度になり、動きにキレが戻ってきます。現場から持ち帰ったナラ、樫を伐って、年末に一時帰国した長女に薪割りを頼みました。薪ストーブのありがたさを少しでも感じて欲しいと思います。
薪割りするまでの作業の方が、はるかにしんどいのですけれど。

勉強の集中力は3日続くはずもなく、都合の悪い小テスト、保護者への手紙は下校中に山田川に捨てていました。
人生、修行です。





010_201601141730150d5.jpg
  1. 2016/01/14(木) 17:54:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

+-プラス?

デッサンのモデル?として、昨年の師走にイノシシ雄の頭蓋骨をいただきました。推定40~50キロ。そして、クリスマス、カミさんが運転する自家用車に本家か分家か(たぶんあかの他人)イノシシがアタック。干支の中で、日本国内の自然界に生息するカテゴリーでは、やはりイノシシがアタックNo1。衝突現場に血痕もなく、当て逃げ事件でしたけど、一撃で修理代16万5千円也。
年末は、一家ほぼ全滅で寝込み、箱根駅伝をきっちり観てしまいました。夜更かしもせず、健全な年末年始。初詣もなんとなく行ったせいか、何もお願いしませんでした。毎年、過酷な日々は変わりませんから、いい正月だったのかもしれません。

イノシシの肉は、キロ3000~5000円と言われます。だとすれば、修理代を差し引いても、今のところプラスです。
シカのアタックもあなどれません。


001_2016010817595756d.jpg
  1. 2016/01/08(金) 18:19:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0