FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

竹のお話し。

山口県の竹林面積は、良くも悪くも全国トップクラスです。萩市には、竹を素材にした家具メーカーがあって、欧州にも進出しています。かと思えば、樹木の成長を妨げるやっかいもの扱いになっているのも事実。孟宗竹ですね。
ちょっと古い家屋は土壁が多く、その下地には竹が使われています。一般的には真竹を使いますけど、基本的には「そのへんにある素材」を使っていました。そのへんのモノを使った家が「文化財」なんかになり、最新の流行の家は「なんだかなあ」となるわけです。

写真は淡竹(はちく)です。敷地横に進出して来られました。破竹の勢いとは異なり、地味で成長も控えめ。普通、タケノコは米ぬかと一緒に湯がいてアクを抜きますけど、淡竹はその必要無し。食感が良くて美味しいのです。

「立って半畳寝て壱畳」であるならば、竹と防水透湿シート、すのこ状のステージがあれば、災害時の臨時プライベート空間ができないでしょうか。テントの巨大版。パオのイメージです。

30年前に香港、中国に行ったことがあります。高層マンションの足場は竹でした。日本の竹と異なり、滑りにくいと説明を受けました。本当であれば、面白い素材です。

004_201605271756551c7.jpg
スポンサーサイト



  1. 2016/05/27(金) 18:18:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒトさまのお役に立つときが・・・

赤十字血液センターから携帯に連絡がありました。自分の血液に何か問題があるのかと思いきや、輸血用の成分が必要だと。よくわかんないけど、自分の血液の成分を必要としているヒトがいるらしく、献血に出向きました。25歳の時に50回を越えていましたが、帰国してからなかなか出来ず、今回で76回目。
センターのヒトに、オヤジの型と合う人がどれだけいるのか質問し、医師から回答をもらって、丁寧に説明を受けたのですが、バカなのでよくわかりませんでした。焼酎漬けの血液がお役に立てるのであれば、けっこうなことです。人生52年で人のお役に立ったことは皆無でしょうから。

自宅の窓からゲストハウスを撮影(カミさんが)。色々な人たちが酔って泊まって。少しはお役に立っているでしょうか。今の現場が終わったら、九州に出向きますか。

日本国内全域が活断層です。何かあった時に、すぐ住める住宅(空間)を作れないものかと考えています。段ボールハウスは有名ですが、それ以外にあるような気がして。
005_201605251812167f0.jpg
  1. 2016/05/25(水) 18:31:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅立ち

毎年、5月のある一日、羽アリが一斉に飛び立っていきます。
写真の家の形をしたモノは、地中に杭を打ち込んで木製の受け皿の上に乗っけてた野鳥の休憩所。台風か何かで倒れたので伐り株の上に置いておいたら、羽アリの生息地になったようです。
ヒトも家も歳を重ねていくと、あちこちガタが来て、手直しを必要とします。手直しを必要としなければ、自然界の生物の住処となり、苔も生えてくるわけです。
我が家の敷地内には小さな小屋がいくつかありますけど、赤松の梁を柱にしているヤツは、根元が雨の跳ね返りで腐りかけてます。倒れる前に根継ぎしなければいけません。

羽アリもシロアリも生きる時間はわずかです。自分の住む範囲の彼らの命を奪うのはばかばかしい。腐ったら直したり、部材を差し替えればいい。街中の住宅のヒトビトには受け入れられないでしょうけど、そういうふうに考えていけば、家に対しても暮らしに対しても寛容になれます。

羽アリの旅立ちは、初夏の訪れです。カミさんは「気持ち悪い」の連発ですが。

まあ、まあそう言わんと。





003_201605221816221b2.jpg
  1. 2016/05/22(日) 18:35:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地震と木造住宅

阪神、東日本、そして今回の熊本の地震で大きな被害が出ています。地震以外でも地元山口県は毎年のように豪雨災害。
「地震と木造住宅」という本を10年前くらいでしょうか、購入しました。いかに職人が理論も無く家を建ててきたか、それによってどれほど多くの犠牲者が出たか。全部納得できる内容ではありませんが、考えさせられる書物でした。それを実際に実験し、データをまとめておそらく今も試行錯誤しているのが大工塾です。
マスコミは、お決まりのごとく、倒れた瓦屋根を映し、木造住宅の被害ばかり伝えます。

今回の熊本の地震は、とんでもない力が一瞬のうちに働いたことがわかります。写真は我が家の基礎。とーぜん、自分でやったのですけど、震度7の同じような揺れだったら、あっさり倒壊していたはずです。芸予地震の震度4強には耐えましたけど。

活断層云々で議論している原発の安全性がいかにいい加減なものか。この国全体が活断層です。そして、基礎が丈夫で建物が丈夫でも、自然の力には太刀打ちできないということです。

いつも考えて答えは出ないのですが、最強の住宅は「ツリーハウス」なのではないかと。地面から1ミリでも浮いていれば問題なし。できれば針葉樹ではなく、根の広がりがある広葉樹。あの世に行くまでに試してみたい事ですね。



001_20160518190825f3f.jpg
  1. 2016/05/18(水) 19:26:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

占拠

外の方が涼しいはずなのに、家族の出入り口を占拠している「ナラ」。余命何年なのかはしらないけど、ずーっとここにいます。冬に家の中へ入れたのがまずかったのか。足場板2枚は、風呂に続く渡り廊下。そのド真ん中にいつもいます。じゃまだけど、こっちがしっかりと跨いで行き来しています。そういうことが許せる歳に「ナラ」がなったということですかね。

その一方で、八代の現場の目の前を「自然と共に歩む街づくりを目指します」「皆さんのために働かせてください」「未来に希望あふれるまち作りを」・・・。何台もの車が通り過ぎ、周囲の自然環境にそぐわない声が響いています。地元の市議会議員選挙の公害のような音。私の同級生も議員ですが、1回も票を入れたことはありません。話す内容が鼻くそレベル。
「自然と共に・・・」とぬかすヤツは自ら「自民党推薦の」と言ってました。アベの犬ということは原発推進ということでしょう。

舛添さんを叩くのもいいけど、不要な市議、県議、国会議員を叩くのが先でしょう。

投票には行きます。何も期待はしていません。テメエのことはテメエで勝手にやりますから。









003_201605171834501d0.jpg
  1. 2016/05/17(火) 19:05:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名前が載りました。

スタジオジブリの機関紙?「熱風」。
全く縁もゆかりもありませんが、愛知県で開催された博覧会?の時、「サツキとメイの家」を手掛けた大工さんが連載している企画ものに、親友の大工が載っています。この中には、粭島のホーランエー食堂が登場し、温品さんの言葉が広島県の言葉に訳され、やや嫌悪感満載ながらも内容は濃いものです。5月号です。
響かないヒトには響かないのでしょうけど、それはそれとして。徳山の書店には売ってないようですが、ジュンク堂、紀伊国屋福岡、三省堂名古屋、フタバ図書MEGA祇園中筋(広島)などで売っているようです。

大手メーカーや数値ばかり訴えている方々には無縁でしょうけど、読んで欲しい一撃です。齊藤という名前が出ただけで、何をしたのかは全く載っていません。

あしからず。

006_201605121914373fc.jpg
  1. 2016/05/12(木) 19:32:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋根裏考

大工の前はログビルダーでしたので、2階建てではなくロフト(屋根裏部屋)という空間を利用すべきだという意識がありました。これまでの新築工事で、平屋には必ずロフトを設けました。
今の現場です。ようやく、勾配天井と床が終わり、今から一部ロフト部分の作業。今どきの住宅は、勾配天井は当たり前なのでしょうけど、ちょっと前の家はほぼ水平の天井でした。
天井の高さに流行があるのかどうか知りません。和風の家で、やたら天井が高くバランスが悪く感じるものもあります。親方に聞くと、畳の枚数に関係してるとか。なるへそ。天井を下から見上げると水平に見えますが、実は中央部を吊り上げています。そうしないとだれて見えるからで、弟子の時には「へーっ」と言ってました。
天井が低いのはそれほど違和感はありません。

杉板はいいですね。

006_20160507192736a62.jpg
  1. 2016/05/07(土) 19:57:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苔が熱い・・・らしい

台風並みの強風と雨。5月初旬の天気としてはちょっとコワい天候でした。
我が家は南に山を背負い、冬の日当たりも悪くいろいろと考えなくてはいけない諸事情もあるのですが、ここ1年、カミさんが苔玉を作っては数が増えています。すると、先日TVで苔に癒される女性が増えているようで、「苔ガール」だとか。
家の周りの環境は、ほったらかしの解体材や倒木には、掃除屋のシロアリがびっしり。人間からすれば、彼らは邪魔者ですが、自然界では大切な存在。そして、伐り株や倒木の周囲には苔が。
カナダやアラスカに行けば、絨毯のような状態で、苔が一面広がっています。こういうのをビジネスにするヒトもいるのでしょうけど、オヤジは全く興味なし。少人数で北米に出かけるのであれば話は別ですが。

苔玉教室、いつか、我が家で。


019_20160503181357e84.jpg
  1. 2016/05/03(火) 19:10:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW

山から持ち帰った樫、楢を薪にして積み上げました。
毎年のことながら、世の中が連休の時、我が家はGW(グレートワーク)。ただの造語ですけど、旅行や観光に出かけたことは一度も無く、ほぼ肉体労働です。
一冬に使う薪の量は、1トントラック4回分。長女は薪割してくれたこともありますが、伐ってトラックで運ぶのはオヤジの仕事。今のところ、筋肉痛くらい済んでますし、鳥のさえずりと新緑がなんとも心地よい。

今年のGWも、静かな現場でひとり黙々と働きます。

今の現場が終わったら、しばらくは海通い。背筋が痛い。


017_201605011745253ea.jpg
  1. 2016/05/01(日) 18:10:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0