FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

インディアンサマー

11月だというのに、日中は気持ち悪いくらい暖かい天候が続いています。暖かいことは歓迎ですが、家の中でつつましく生活していたカメ虫たちの行動も活性化されているようです。昨日は、ふたを閉め忘れた洗濯機の中に何匹もうごめいていました。
小春日和のことを、英語でインディアンサマーと言うそうです。カナダに渡ったその年にこの言葉を聞き、何度説明を受けてもアホなので理解できませんでした。
今はどうか知りませんが、当時はインディアン居留区というのがあって、インディアンの住むエリアを政府が強制し、生活費を渡して「よけいなことはすんじゃねえぞ」と追い込んでいたようです。黒人よりもひどい差別で、その昔は、病院にもかかれず、学校にも行けなかったとか。
写真は、住んでいた街の近くで毎年7月に開かれていた「POW WOW(パウワウ)」というお祭り。インディアンの服装は、みんなと同じですが、祭りの日には色鮮やかな衣装を身にまとい、部族ごとに踊ります。今は、その踊りがコンテストのようになっていて、ウソかホントかわかりませんけど、衣装の羽が落ちると、死罪だったと聞きました。お祭りの日も、羽が落ちたのですが、各部族の酋長?が集まり、羽を太陽に向けて祈ってました。インディアンサマーという言葉の響きが好きです。

夏に「お前はどこの部族か?」とインディアンに間違えられたことがあります。納得。


img062.jpg
スポンサーサイト
  1. 2016/11/16(水) 18:31:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通知

四季の移り変わりを感じることのできる中山間地は、井戸水の温度や外で手を洗った後のヒンヤリ感、満天の星、新緑の匂いなど日々の生活でさまざまな事を味わえます。
カミさんが好きなのが窓からの景色。欅(けやき)の葉が色付き、もう少しすると冬、春の準備のために葉を落とします。自宅の窓から季節の変化を感じられることがこの上なく幸せなようです。紅葉を見に出かけたのは30年前でしょうか。
そんな我が家に、寒い冬に酒を飲みながら泊まりたいと言っていた「田邑」「西川」「岡谷」の約3名。お客を呼んでおいて、オヤジが真っ先に寝るのでカミさんからのクレームは毎回ですが、まあ、許してください。
年が明けて、こちらの都合にもよりますが、風呂は外風呂です。直焚きなので湯は熱いです。昨日、ラジオで冬のお風呂がどれだけ危険かと言う内容をしつこく話していましたけど、我が家は最も危険な条件かもしれません。すのこが凍って滑りやすくなっています。

打ち合わせしますか。年明けに。


IMG_0023.jpg
  1. 2016/11/15(火) 18:12:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新築打ち合わせ(その3)

ログハウスから始まり、大工の仕事に飛び込んで27年。
それほど多くの家を手掛けてきたわけではありませんが、今回の新築は屋根工事、雨樋、風呂、台所を大工の私がやります。しかも、屋根材は一番貧相な「波板」。小屋に使われるのが普通ですけど、これを新築に使うこと自体というか、これに賛同していただいた施主さんに感謝です。施主さんも良くわかっていないのかもしれませんけど、「小屋のような家」。これが目指していた家です。
写真は、すべて木製建具(新品少々あり)を使った兄の家の夕暮れ時。15年前、この家を手掛けた時は関わる業者すべてが初顔合わせでした。
住宅雑誌、建築関係の書籍には、いかに素晴らしい木造住宅かというのが載っています。このたび手掛ける新築のテーマは「これでいいんじゃねーの」。

床材の杉130枚、明日から半年間自然乾燥させます。その後加工。既製品より、こっちの方が安いのです。時間は掛かります。

上棟は、人力です。これがまたよろしい。

IMG_0043.jpg
  1. 2016/11/09(水) 18:37:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新築打ち合わせ(その2)

合羽橋から仏壇通りを歩いて上野そしてアメ横へ。
有名なチョコレート屋というか、チョコを袋の中に「これでどーだっ」「おら、もひとつおまけだーっ」と叫びながら販売する叩き売りです。美容師の姪が小さなころの夢が「アメ横のチョコレート売り」でした。いいと思います。
オジサンの声に吸い寄せられている中央のおばさんが、カミさんです。この後、彼女とマンツーマンの距離となり、その後方1mに人だかり。買うべくして1000円分のチョコを買いました。金額はともかく、楽しい空間です。

兄から頼まれたスパイスのクミン、キャラウェーをアメ横センター地下で購入し、雑踏から脱出。地下は、すっぽんや雷魚、ザリガニ、フナ、鯉、肉類、スパイスなどアジアを感じる空間。衛生面で問題ねえのかといつも思うのですが、アジアのお客さんは平気で買っていきます。まあ、魚は瀬戸内海で釣って食うのが一番。

この段階で、まだ何も打ち合わせはしていませんが、今日の夕方には材木屋に出向いて材の一部を発注。約半年自然乾燥させて加工します。

少しやる気が出てきました。


IMG_0020.jpg
  1. 2016/11/08(火) 19:14:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新築打ち合わせ(その2)

IMG_0020.jpg
  1. 2016/11/08(火) 18:45:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新築打ち合わせ(その1)

来年手掛ける、新築の打ち合わせのためにカミさんと上京。
まずはウォーミングアップに、日本最古の遊園地「花やしき」へ。時速42キロのローラーコースター、300円のお化け屋敷、逆バンジーのようなスペースショット。この3つはお勧め。規模は違いますが、地元徳山の近鉄松下百貨店の屋上遊園地を思い出しました。
関東風味の蕎麦を食って、そのまま厨房機器がズラリと揃う合羽橋道具街へ。
打ち合わせの前に、こういう人の多い場所を歩くのは、けっこう大切なことです。理由はありません。

お化け屋敷は、けっこう怖かったです。


IMG_0019.jpg
  1. 2016/11/07(月) 20:33:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

条件反射・・・

初夏になると、クヌギやナラにカブトムシ、クワガタムシがいるのではないかと必ず確認します。岩場に行くと、食えそうな貝がいるのではないかと確認します。そして、秋になると、そんなに食いもしないのにアケビ科の植物を物色します。
左上はアケビ。その他大勢がムベ(郁子)。幼木の時には葉が3枚、成長して5枚、実がなるときに7枚。「七五三の縁起木」と言われています。
アケビは山でも海辺でも見かけますが、ムベは海岸沿いでしか見かけません。温暖な場所に生息するのでしょうか。アケビ科に属しますが、味としてはムベの方が好きですね。ムベは、アケビと異なり皮が割れて実が見えることはありません。

つーことで、今日は海岸線が現場でした。

IMG_0003_20161102171925d7c.jpg
  1. 2016/11/02(水) 17:29:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0