FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

弟子はとりませんけど・・・

一時帰国中の長女は、自分で小屋が建てるようになりたいそうで、色々な道具が使えなければなるまいということで、まずはチェーンソー。混合ガソリンの作り方から構造の説明。エンジンの掛け方を見せていざ。まあ、掛かりませんわな。スタートロープの引き具合など見るとやるでは大違い。スロットルの強弱もわかりません。近所の樫の木を伐採するので帰国するまでにはある程度覚えますかね。刃の目立てを覚えないと。
大工の墨付け、刻みについては、「住宅ではなく作業場兼くつろぐ小屋」の依頼が入ったので、タイミングが合えば教えてやろうかと思います。カナダで日本の継手と仕口のワークショップ(受講無料。たぶん)計画もあり、頭と体で記憶しておくのも良いでしょう。
カナダで自宅を建てるときには、オヤジが出向きたいと思います。来るなと言われるかもしれませんけどね。
18年間ここで暮らしているときには全く興味を示さなかったのに不思議なものです。

私の祖父は大工でした。お弟子さんが何人もいたそうですが私が生まれる数十年前に他界。そのDNAがつながっているのでしょうか。


IMG_0001_20171017170637360.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/10/17(火) 17:25:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現場下見

この二日間、働きたいのを我慢して海に出かけました。
初日は大潮の岩場で海藻、松葉貝、亀の手、渦巻き貝、カラス貝を捕獲。松葉貝は炭をおこして網焼きに。海藻はさっと茹でてサラダに。亀の手は今朝の味噌汁。カラス貝は、殻ごと茹でてそのだし汁と身で炊き込みご飯。土鍋で玄米炊き込みでしたけど、幸せな味でした。長女はウニを捕獲。
本日は、海辺に暮らす下準備として初めての場所へ。偶然にもタコ壺漁のジジイたちに遭遇。現実は厳しいようで「全然捕れない」。船外機のエンジンは新しく、ジジイ3人でこの状況は、なかなか大変なのかもしれません。でもジジイたちは生きているので、この生業は大丈夫だと感じました。

兼業漁師、兼業大工・・・結局その日暮らしなのでなにをやろうと自由だという結論です。



IMG_0012.jpg
  1. 2017/10/04(水) 18:22:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1