FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

墨付け

屋外に「コンポストトイレ」を建てるらしく、墨付け教室スタート。トイレが欲しいのはオヤジではなく、なぜかカミさん。ヒトの排せつ物を肥料にすればもっと自然は豊かになるはず。根拠はあまりありませんけど、ガキの頃や今でも田舎ではそうしているところがありますので。
オヤジとしては、墨付けよりも大切なことの多くを異国の地ですでに感じていると思うのですけど、カナダで「日本の継手と仕口ワークショップ」をやるときには、実際に自分で墨付けして刻んでおいた方が役立つだろうと思いました。実演するのはオヤジですけど。
長女が眺めている本は、30年前にオヤジがカナダで買い求めた家造りの本。日本の建て方とは異なりますけど、説明が丁寧なのと内容が楽しい。草屋根の作り方や丸太、角材を使っての建て方、チェーンソーの使い方、基礎の作り方、伐採方法なんかも載ってます。
トイレの材料は、檜を頼みました。墨付けが最も大切な作業ですけど、刻みも大切です。電動工具の使い方も教えないといけません。基礎工事も長女にやらせます。講義は済んでますけど、そう簡単には出来ないでしょう。

大いに失敗して欲しいと思います。




IMG_0002_20171212163415363.jpg
スポンサーサイト



  1. 2017/12/12(火) 16:56:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海へ出る条件

「今年の新築が終わったら、海の男になってもよろしい」とカミさんから申請許可が出ていました。そう簡単になれないことはわかっていながらのスタートです。ただひとつの条件が「ストーブの薪をストックしておけ」。
長女を連れて薪確保作業3回目。天気も良かったので瀬戸内を一望できる丘へ。正面中央が原発問題で今も揺れている祝島です。山陰の角島は、今では橋が架かって観光客が県内外から押し寄せていますけど、この上関の前は角島近くが原発建設候補地でした。この丘からは大分県の国東半島、愛媛の佐多岬も見えます。
この近くに来ると、タチウオのちくわを買い求めます。先日は、店のババアが電話中で、全く会話することも無く、ババアは受話器を持ったままレジを打ち、長女が品物を袋に入れて、はいサヨナラ。案の定、先日来たことを全く憶えていませんでした。でも、こういう店は大好きです。ババアから、五右衛門風呂に敷く板のことを「さな板」だと教えてもらったのが唯一の収穫話でしょうか。

取り敢えず、2年先までの薪は確保できました。



24323994_1687507608013263_660680611_o.jpg
  1. 2017/12/03(日) 07:09:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0