FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

工業製品の壁

新築現場の風呂ではなく、自分ちの風呂です。すのこ3代目J-Seoul ナントカ。全部ではなく4枚の板をやりかえました。

大工の仕事は「家を造ること」ですけど、施主さんの興味は、システムバス、システムキッチン。この二つは工業製品であり、見積金額を見ると、あきれるほど高いのです。システムバスは1日で組み込みます。施主さんの息子さんが、システムバスの臭いに機嫌を損ねたことは、嬉しい反応でした。

オヤジがガキの頃から成人になるくらいまで、お風呂はタイル張りか田舎では漆喰壁でした。時代は進み、冬になるとお風呂場でのヒートショックによる死亡事故がクローズアップされ、脱衣場、浴室にも「暖房」が導入されて、ますますシステムバスが「いいね」となってしまったわけです。

浴槽だけなら10万円出せば十分ですし、キッチンも、要は料理が作れればいいわけで、その設備費が施主への見積額で軽く200万円を越すことに驚き、それを「あーそうなの」と思う消費者の感覚も「?」なのです。オヤジの啓蒙活動の力不足でしょうね。左官に風呂を作らせ、暖房設備を付ければいいだけの話。

外風呂をやめて、家の中に風呂を作る計画は、未だ白紙状態。
でも、家の中に作る風呂も、五右衛門風呂の予定です。





004_20181202183535d2a.jpg
スポンサーサイト



  1. 2018/12/02(日) 19:04:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0