FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

香典返しに「俺」かよ・・・

昨年末、ジジイ(義父)が米寿直前に他界しました。カミさんの実家に行くことはほとんど無く、最後に言葉を交わしたのが6年前くらい。一緒に酒を飲んでおけば良かった。年賀状をいただいた方には、寒中お見舞いを後日出します。

それはそれとして、ババア(義母)の兄が所有する畑の中の小屋を解く、そういう約束をジジイがしていたそうで、ババアが「香典返しに小屋を解いてもらおう」と言い出し、海で遭難した翌日、箱根の復路も気になるのに、香典返しの体を酷使して汗を流しました。
小屋の屋根材は波板スレート。母屋と棟木に直接釘打ちで、これをジジババで解くのはちょっとむつかしい。
木造の小屋と、「100人乗ってもだいじょ~ぶ」の物置も解いたのですけど、さすが工業製品、素人でも組めるような仕組み。それはそれで「オオっ すげぇ」なのですが、天井、内壁の材料は石油製品で、がっかりな材料。今どきの家同様、早く見た目もつるっとしてきれいなものは、廃棄するときにけっこうなお金が必要です。
本日ですが、生前自分であれこれ作って、オヤジから「小手先」と呼ばれていたジジイ作の小さな物置を粉々にして帰路につきました。

写真は、作業を手伝った次女撮影。家財や家を処分したいジジババが全国にたくさんいるのだろうなと感じた正月でした。

明日から現場。


49660102_443503686576862_1124933805488996352_n.jpg
スポンサーサイト



  1. 2019/01/04(金) 18:46:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舵が・・・・

徳山の粭島から、ホーランエー食堂のタコ店主と出港。
漁船の所有者はオヤジになりますが、この先「釣った魚を食堂のメニューに」「食堂内に生簀を入れて」などと無謀な野望を抱きながら、共同でこの船を使おうではないかということになったのです。
本日の風は北西から3m。島の北側は風が強いので、それでは南側で「やってやろうではないか」と出撃したのですが、出港して間もなく、右に行きたいのに船は直進。
なんだか嫌な予感がして「舵は大丈夫?」と聞いたら「海に沈みましたね」・・・・・・・。出港間もなく漂流者になってしまいました。この船は、オヤジが高校生の時にデビューしたそうなので、かれこれ40年近くなります。舵の錆が少し気になっていたのですけど、まさか折れてしまうとは。
海猿を呼ぶと、たいへんなことになりますので、操舵訓練の師匠に電話し、曳航してもらいました。師匠いわく「こういうことはまあ、あるよ」。シーマンシップで、海でのトラブルは立場関係なく助け合うものだと教わりました。

「海の男」への道は、厳しい。でも、楽しい。

(写真は、錨を打って、救助を待つオヤジの船)








002_201901021713248c7.jpg
  1. 2019/01/02(水) 17:32:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2