FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

携帯が海ポチャ・・・

古い家屋の手直しは、面倒な作業がつきものですけど、古い船のメンテナンスも良い勉強になります。今回は、定期点検というか、船底掃除、塗装も兼ねて、ドックへ揚げようとしたところ、エンジンがかかりません。
師匠の船に曳航され、架台には、ロープと竹で微調整しながらセット完了。クソ狭いエンジンルームに図体のでかいオッサン(私)が入るのは、けっこうたいへんな作業。発電機のVベルトが摩耗し、バッテリーが蓄電していないことが判明しました。これによって、冷却水の出が、わずかだったこともわかり、Vベルトを交換。
その間、船底についたフジツボをスクレイパーでそぎ落とし、シロアリにたくさん食われた部分をばらして、新たな部材を取り付けました。毎回帰港後に、木部には海水をかけますけど、そうしないと知らないうちにシロアリがやってきて食べてしまうそうです。たいした能力ですね。
GPSと魚探を見ながら、ひとりで流し釣り出来るよう、ステンレス製の柵の一部を切断し、チェーンとターンバックルで開口部ができるように細工しました。隣で漁船の整備をしていたオッサンから「あんたなんでもできるんじゃの」と。お金が無いだけです。
マイナスドライバー、老眼鏡、そして今回は携帯が漁港内の海に沈んでいきました。携帯は以前、マナーモード状態で山でも紛失。

ガラケーから、ガラホに。水に浮く携帯があればいいのに。






2019102915055701.jpg
スポンサーサイト



  1. 2019/10/31(木) 09:43:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食えるんです・・・

瀬戸内の海の幸は、なんといっても雑魚(ザコ)。いろんな魚が釣れることです。
近くの船で、アジの泳がせ釣りをしていたオッサンは、1m近いブリを釣りあげました。その近くのオッサン(私)が釣ったのが写真のフグ。正式名はショウサイフグ?地元ではナゴヤフグといいます。市場には出回っていないようですけど、これが美味い。
フグで有名なのは下関ですが、ここ粭島はフグのはえ縄漁発祥の地です。
ナゴヤフグは、アジ、カワハギ狙いの仕掛けにけっこう食いついてきます。今日は、やはり刺身で。カワハギは、フグ科なのに肝はOK。ナゴヤフグは、肝はとーぜん、皮もNG。不思議です。

ブリよりもフグ、鯛よりもカワハギ。アジとサバは塩こうじで幸せの味。

2か月半の夏休みを終えて、そろそろエンジン始動。



2019102015570000.jpg
  1. 2019/10/20(日) 17:16:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漁船クルーズ

車でどこかに出かけることはあまりないのですけど、漁船でドライブ?するのはけっこう楽しいものです。
台風が近づくたびに、山から下界に降りて漁港へ。この秋、何度船の向きを変えたでしょうか。あまりストレスを感じないのは、海が好きなんでしょうか。
9月下旬、徳山の大津島「回天基地」に友人たちを乗っけて、瀬戸内漁船クルーズの予定でしたが、台風接近のため中止。漁港内に錨を打って1か月。ようやく引き揚げて、ひとりで行ってみました。黒髪島、大津島は、小中学生の頃、毎週のように巡行船で釣りに行き、毎回クーラー満タン状態でした。魚もスレてなかったんでしょうか。回天基地は、人間魚雷発射基地としてその建物が残っています。10代の少年たちが戦争の犠牲になった場所ですけど、海上から見る基地跡は、かなり傷みが進んでいるようでした。

港に戻る際、ジグで何度か探りを入れると、38センチの真鯛が釣れました。

写真は、漁港から見える粭島の象徴、煉瓦製の煙突。回天基地の写真もありますが、海上から直接眺めてもらうほうがいいでしょう。船酔いされる方は要注意。けっこう波風ありました。

11月は船底洗浄・塗装、シロアリ被害の木製部分補修があります。中旬当たりに行きますかね。
ホーランエー食堂の食材は、けっこう調達できています。オヤジは毎回、カワハギ狙いです。アジとウマズラは、何度食べても飽きません。ありがたや。



2019101706340001.jpg
  1. 2019/10/19(土) 15:33:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0