FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

「一人で家、造ってます」

以前書いてたブログのタイトル。
今回は家ではなく、倉庫(一部車庫、一部床張り)です。墨付け・刻み、土台敷き、組み上げ、屋根仕舞い、屋根工事、外壁工事、造作すべて手作業でひとりきり。
予算を考慮して、材料はすべて105ミリ角の人工乾燥材の杉。込栓も打ちますけど、材料の中はスカスカというか粘りも何もない状態なので、迷わず金物も使ってます。梁は洋小屋トラス。広さは2間(3,64m)×8間(14,56m)=53㎡(16坪)
倉庫ということで、3mと4mの柱をけっこう長めにとったのですけど、これが見事に裏目に出て、材を組むのに地獄の時間帯。終わりのない筋トレでしょうか。持って行った足場では高さと作業効率に問題発生。結局、脚立2つの間に足場板渡してなんとか組めました。生まれて初めて身長の高さが役立ったと感じました。全身プルプルしてしまいます。
倉庫とは無関係ですけど、この建物にもう1間付けたすと、5,46m×14,56m=79,5㎡(24坪)の家ができます。我が家と同じ広さ。すべて同じ大きさの材料で、しかもひとりで出来てしまいます。重機も足場も不要。
この倉庫(建築確認申請済み)の外壁、屋根は亜鉛鉄板の波板ですけど、住宅にするのであれば、土を塗って板で囲えば、いい空間ができますし、間仕切りも後からできます。けっこう、楽しく家づくりができるはずだと、勝手に感じながら働いています。

むちゃんこしんどい。


小鯖小屋①
スポンサーサイト



  1. 2020/01/23(木) 16:04:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そして、父になる・・・

そんなタイトルの、映画かドラマがあったような気もしますけど、父ではなく正確には義父になります。
次女が入籍するというので、彼といっしょに帰省しました。大学の同級生で、サークルも一緒だったとか。その日暮らしのオヤジとは異なり、仕事は航空管制官。穏やかな青年です。
オヤジが独身の時、彼女(今のカミさん)の家に神出鬼没であいさつに行きましたが、返り討ちに会い、おばあさんからは「一緒になると不幸になるだけ」などとボロカス。しかも、あとから聞けば、近所のババアというではありませんか。
時は流れ、今は、先に籍を入れてそののちに式を挙げるのが「フツー」だとか。まあ、元気で暮らせばそれでよし。

今週末、家族から「ケモノ」呼ばわりされている長女が一時帰国。アライグマを捌いて食ったとか、スキルアップしているようです。こいつがどこの民族とくっつくのか、それも楽しみ。

IMG_0498.jpg
  1. 2020/01/20(月) 18:02:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4