FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

感覚の大切さ

外観は洋風ですけど、中は民家を解いた時の材を使ったつくりです。
日本の大工技術の良さは、地域ごとに工法が同じで、特に改築の場合は、目に見えない壁の中の下地構造も「たぶんここにあるだろう」と想像しながらやると、ほとんどはずれることはありません。ハウスメーカーの家は知りませんが。
親方からいろいろ教わって、それでも「こんな感じで」で建てたのが、3m×4mの小屋。一番の目的は、草屋根にしたかったことです。最初は芝生を・・・とやりましたけど、雑草の種の力には勝てず、今では杉、ヒノキ、苔、など生命力の強いものが勝手に生えています。杉、ヒノキは根が浅いので大きく成長はしませんが。

使っている素材は、すべて自然界のものではないのが残念な点ですけど、ここがゲストハウスになっています。
「なんとなく」「ざっくりと」というのはログハウス造りに言えることですけど、すべて細かいことを決めて造るのは、あまり楽しくないというのが正直なところ。

予想通りに壁板が枯れています。感覚=センスにつながるのかもしれません。

トータル的なバランスが求められるのかもしれません。永遠の課題。

ようやく春が来ました。


001_20150322184739d23.jpg
スポンサーサイト



  1. 2015/03/22(日) 19:09:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<手仕事が無くなるのか | ホーム | 不器用>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saito1226.blog.fc2.com/tb.php/225-e908e536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)