おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

頼まれたら、受けてしまいそう。

新築を前に、別件で改築の相談に出掛けました。
母屋は築30~40年でしょうか。内装はすべて不燃材。たまたま友人大工のブログに、廃棄するまでの作業のイライラ度数、廃棄の値段が載っていたのでそういう情報提供はできました。
敷地内で気になっていたのが農機具を置く納戸のような平屋。階段を上がってみると、シンプルで質素で無駄のない造り。ここを利用して住屋兼お店にすることを提案しました。壁下地はすべて土で漆喰仕上げです。
すでに自分の中では完成図も出来上がり、提案したいこともあれこれあります。シンプルな間取りと、新建材ではないそのへんの材料は、まったくストレスを感じません。ただ性能がいいからというだけで、売ることばかりに専念している輩こそ、新建材でできた家(今どきの家のほとんど)を解いてもらい、つまんなさを体感してほしいと思いました。

母屋は、できれば解いて、木部は再利用か薪にして燃料にすることがいいと感じました。解体もできますが、時間を掛けて考えていただきたいと思います。

支店出すか。

IMG_0008_20170520135827978.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/05/20(土) 14:16:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ところ変われば、品かわる。 | ホーム | 島の生活>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saito1226.blog.fc2.com/tb.php/384-0de0e8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)