FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

平成の終わりに・・・・

実家を処分するのに、家財廃棄を、自分ではなく他の業者に頼みました。解体の現場は、もっと過酷なのに自分が育った家の中のものは、なぜかやる気ゼロ。不思議です。
不動産屋さんから、作業終了と、神棚、ジジイ(父親)の遺影、小銭の処分をお願いしたいと連絡があって、空っぽになった家に行きました。神棚の横に「お年玉」の袋。現金でも入っているのかと思いきや、ジジイが若いころの離婚申告など、秘密の書類が出てきました。ジジイが韓国籍で、妹さんがいたことは知っていましたけど、離婚した相手や、ジジイの両親の名前も判明。そして、ジジイに兄がいたこともわかりました。書類は、漢字とハングル文字で、印鑑は姓名が彫られた漢字。「このクソジジイ」と言いたいところですけど、話しはジジイではありません。
今年のGWも、こっちのジジイ(私)は仕事。自分の実家処分や同級生の親族の家の解体など、あらためて家について考える時間がありました。現場には、80年代のJ-POPが流れ「もしも~私が~家を~建てたなら~小さな~家~を・・・」「ええ歌じゃ。でかい家はいらん」。歌詞の本質とは異なりますけど、出た結果は「持ち家はいらん」
まあ、極論ですけど、立派な家を建てて、その後子供も誰も住まなくなって、困っている家は山ほどあります。今回、実家の処分問題でそう思いました。実家は、鉄骨モルタルの作りで、木の家を手掛ける立場としては、自分で処分できない代物。「なんだよ、この間取りと造りは?」と今なら言えますけど、当時はクソガキ。
これから先、解体の依頼も増えちゃうかもね、なんて感じたりもした労働の一日。

8月からは2か月休んで、ゴールデン2monthの予定です。
(写真はジューンベリーの実)

004_2019050518254234c.jpg
スポンサーサイト



  1. 2019/05/05(日) 19:06:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<交流人口の是非 | ホーム | 漁師にはなれませんが・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saito1226.blog.fc2.com/tb.php/446-ec77bb6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)