FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

もちは もち屋

この家に住み始めて12年目。何不自由なくと言いたいところだけど、そうはいかないのがこれまた勉強。
外に建てた風呂の焚き口が、ついに錆びて朽ち果ててしまった。そこで新しい焚き口をつけることに。
八代に住み始めたときの家も、五右衛門風呂で直焚きだった。焚き口が部屋内だったので、錆びもそれほどなく、壁も煤で真っ黒にはなっていなかった。
「同じ失敗をするな」と親方から何度も言われた。今度、風呂を作る機会があったら(あって欲しい)、もっといい空間と、焚き口ができるはず。
ただ、耐火セメントの種類の判断や左官仕事は素人なので、たぶん「くそーっ」と思う問題は、確実に生じるはず。
五右衛門風呂は、水の量が少なくて済み、早く沸くので非常に良いと思います。



スポンサーサイト



  1. 2012/11/15(木) 18:06:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<初雪 | ホーム | 木小屋>>

コメント

五右衛門風呂は非常に正しい。 小6までは五右衛門だった。 薪で焚いた湯はガスや電気のものと比べて大変柔らかいし、湯ざめしにくい。ぐるぐる回転して渦を作るのも楽しい、鉄の表面のツブツブで背中を掻けるのも良い。
この時期だと風呂を焚きながら銀杏などを焼いて食べていた。
  1. 2012/11/16(金) 23:52:06 |
  2. URL |
  3. ゼウ #-
  4. [ 編集 ]

銀杏は、封筒に入れて電子レンジで「あたため」。ポンポンと弾く音がしたら食えます。齊藤兄情報。
ここに住んでる間は、薪で炊く風呂ですな。
  1. 2012/11/17(土) 07:05:23 |
  2. URL |
  3. 齊藤真二 #-
  4. [ 編集 ]

もちはもち屋。ガラスはガラス屋。サッシはサッシ屋。板金は板金屋。でも、大工は大工屋とはならない。
・・・聞いたことがあります。大工には「屋」がつかない。左官も、だったかな?「〇〇屋」と気安く呼べないような、それくらい「偉い」商売だったとか、なんとか。
違ってたっけ?ま、だからプライドを持つべき仕事。またそうあるべき。もちろん、変なプライドは「くそくらえ」だけど、でも、尊敬できる人も減って来ましたなぁ。
ま、どの業界にも同じことが言えますけどねぇ。
だから、せめて我々の会だけは、たとえ誰からも尊敬はされずとも(尊敬されようと思ったその時点でダメ)、少なくとも「自分のケツは自分で拭く」「他人や世間のせいにしない」集まりにしたいものです。
・・・五右衛門風呂とは話がそれましたが・・・。
  1. 2012/11/17(土) 16:44:47 |
  2. URL |
  3. 田邑 #KIkwRBuA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saito1226.blog.fc2.com/tb.php/67-2738e22d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)