FC2ブログ

おはようございました

大工です。 「おはようございました」は、過去形でもなく、このへんのジジババの朝のあいさつ。我が家でも使ってます。私だけですが。

ゴミ箱もやります

新しく作った差し掛けの雨樋は、部品が足らない状態のまま。流れる雨水をポリバケツで受けているのですが、寒さの影響で、こういう形に。
犬の飲み水が、予想以上に凍っていたので、ポリバケツ(45ℓ)の氷を引き抜き、ろうそくを灯したら、なかなか美しい。オレンジの色は、カメラ機能で操作したようですが、実際もきれいです。
ポリバケツは、ボートで釣りをした後、真水でエンジンを洗い流すのに使っています。
ポリバケツの水が凍っていく過程も観察できて、「へーっ」とついつい感心してしまいます。
寒さ本番は、今からですが。



スポンサーサイト



  1. 2013/01/05(土) 18:25:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<自然界の名工 | ホーム | 日当たりの問題>>

コメント

あまりにも美しい写真に、一瞬間違えてよそのブログに来ちゃったのかと思いました・・・・・。
 (;´・ω・)ゞスミマセン・・・。

すごいです。
そして素晴らしいセンスですね(*゚艸゚*)

  1. 2013/01/06(日) 02:46:39 |
  2. URL |
  3. 翠 #-
  4. [ 編集 ]

翠さん
四季を通じて、刻一刻と変化する景色がとても美しい瞬間があります。デジカメより実際の方がより美しいのですけど。
  1. 2013/01/06(日) 08:45:02 |
  2. URL |
  3. 齊藤真二 #-
  4. [ 編集 ]

おめでとうございます。

齊藤さま あけましておめでとうございます。今年も楽しみにブログを拝見させていただきます。ご教示頂きたいことがございます。板倉造りの家ですが、板が縮むと壁に隙間が空いてくるのでしょうか?柱に落としていく板は1枚1枚ビス止めしていくものですか? 自宅を建てる際は板倉造りにしたいです。

新年早々、質問ばかり致して申し訳ございません。

お体に気をつけて今年1年良い年でありますように。
  1. 2013/01/06(日) 18:02:59 |
  2. URL |
  3. take #-
  4. [ 編集 ]

takeさん

板倉の家は、そちらの地域では、筑波大教授の設計が全国的に知られています。兄の家の近くの板倉の家に住む方が「冬は家の中が寒くて」と兄の家を訪ねて来られたそうです。
それはたぶん、暖房の手段で、薪ストーブと灯油ストーブでは、暖まり方が全く違い、灯油ストーブでは家の中全体は暖まりません。灯油ストーブの是非ではなく、薪ストーブの能力が高いという話です。兄の家の1階の壁は、断熱材は入っていません。

板倉の工法ですが、施工される工務店にお聞きするのが一番です。すべて一緒ではありません。普通は、材料を自然乾燥させたうえで加工し、施工しますが、それでも隙間はできます。それは無垢の木でありそれが生きている証拠だからです。人工乾燥材は、加工してみればわかりますが、とても自然界のものとは思えない味気ないものです。隙間は自然乾燥材よりは少ないでしょうけど、使うこと自体、抵抗感を覚えます。水を含んでいない木は、木ではありません。
お答えになっていないかもしれませんが。
  1. 2013/01/06(日) 20:09:38 |
  2. URL |
  3. 齊藤真二 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。

申し訳ございません。新年早々ご回答ありがとうございました。板倉造りは大工さんによっていろんな工法があるのですね。柱にビス留めしていったら壁板1枚1枚の収縮に追いつかづ隙間が広がっていくんじゃないかと思ってました。
本当はフルログを建てたくて勉強?してましたが、街中の自宅となると断念いたしました。
しかし未練は断ち切れず街中でも似合う、簡素な強固な山小屋を目指してイメージを膨らませたいと思います。
  1. 2013/01/07(月) 01:06:36 |
  2. URL |
  3. take #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saito1226.blog.fc2.com/tb.php/78-2543f5a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)